海外渡航用陰性証明書に関する疑問を解決します!

海外渡航用陰性証明書は、旅行などの目的で海外渡航する際、入国条件に指定されている場合に、コロナに感染していないことを証明するために提出しなければいけない証明書です。
ここからは、海外渡航用陰性証明書に関するよくある疑問を解決していきますので、興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

入国条件はどのように調べれば良い?

冒頭で触れたように、海外渡航用陰性証明書は、渡航する国の入国条件に指定されている場合に、提出が求められるものです。
そのため、海外渡航をする方は、まず自身が訪れる国の入国条件を調べなければいけませんが、初めて海外渡航陰性証明書を発行する方は、「どのように入国条件を調べれば良いのか?」という疑問を抱くかと思います。
入国条件をチェックする際には、“新型コロナ×海外旅行・海外出張情報サイト”を活用しましょう。
こちらは、世界各国の感染状況や入出国情報を地図や国名、都市名などで検索できる便利なサイトです。
また、各国の入国条件の欄には、必要書類や海外渡航用陰性証明書の条件、提示場所といった情報が細かく記載されているため、こちらの内容を確認しても入国条件がイマイチ理解できないということはまずありません。

海外渡航用陰性証明書が発行できる病院はどこ?

海外渡航用陰性証明書は、基本的には病院でPCR検査を受けた後、その病院で発行してもらうことができます。
また、このとき「海外渡航用陰性証明書が発行できる病院はどこなのか?」という疑問を抱く方もいるかと思います。
こちらに関しても、新型コロナ×海外旅行・海外出張情報サイトで検索することが可能です。
自身の居住する都道府県で検索すれば、対応している病院がヒットするため、その中からもっとも通いやすい病院を選択すればOKです。
また、こちらのサイトには、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港の5つの空港にある、海外渡航用陰性証明書発行に対応した病院に関する情報も詳しく記載されています。

海外渡航用陰性証明書の発行費用はどれくらい?

海外渡航用陰性証明書を発行してもらうにあたって、「発行費用はどれくらいかかるのか?」という疑問を抱く方は多いかと思います。
結論からいうと、海外渡航用陰性証明書の発行費用は、5,000~10,000円程度が相場です。
皆さんもお気付きの通り、お世辞にも安いとは言えない金額です。
また、海外渡航用陰性証明書の発行前にはPCR検査を実施しなければいけませんが、海外渡航向けのPCR検査は、基本的に保険診療が適用されません。
そのため、上記の海外渡航用陰性証明書の発行費用とは別に、自費診療でのPCR検査料金が20,000~40,000円程度かかります。
これから海外渡航をする方、特に費用を節約して海外旅行に出掛けようと考えていた方にとっては、かなり大きな出費となりますが、提出が求められている以上、こちらの費用がかかるのは致し方ありません。
ちなみに、PCR検査には病院に訪れて行うもの以外にも、宅配検査キットを用いたものがあります。
条件が合えば、こちらの検査でも、入国に必要な海外渡航用陰性証明書が発行できる可能性があり、その場合はトータルの費用も大幅に安くなります。
ただし、数千円前後で販売される格安の宅配検査キットには、医療機関による診断がないものもあります。
海外渡航用陰性証明書の発行には、医療機関の診断が必須であるため、このような検査キットで実施したPCR検査は、海外渡航用陰性証明書発行の対象外となります。

まとめ

ここまで、海外渡航用陰性証明書に関するよくある疑問を解決してきましたが、いかがでしたでしょうか?
少しずつ各国の入国条件は緩和され始めているとはいえ、まだまだ以前のように気軽に渡航することはできません。
渡航直前になってトラブルに巻き込まれないためにも、早い段階で疑問を解決しておくことをおすすめします。

関連記事

  1. 新型コロナウイルス関連の用語について解説します

  2. PCR検査ポータルサイト

    全国PCR検査センターポータルサイトリリース

  3. 抗原検査とは?

  4. オミクロン株

    新型コロナウィルス『オミクロン株』の特徴

  5. コロナ後遺症の概要と対処法について知っておこう

  6. PCR検査を受ける方必見!~検査に関する細かい疑問~